管理可能なデータ

個人も家族も企業も団体もイベントも、全ての情報を個別に管理可能で、管理される全てのデータには自動でIDが発行されます。企業に個人を追加する際も、イベントに参加した人を管理するにもIDを利用しているので迅速かつ簡単な名簿管理を実現しています。

個人管理

個人管理

支援者の全ての情報を徹底管理

支援者の管理

登録されるすべての支援者に対し個人IDを発行して管理しています。このIDは企業や団体、イベントなどの他のデータと連携可能で、各管理画面から瞬時にデータを呼び出して関連付けさせることが可能です。

個人の管理画面

個人の管理画面

家族も個人ID

家族は世帯主の一部としてではなく「いち個人」としてIDを持った状態で管理可能なので、家族がどんな団体に所属し、どんなイベントに参加したのか世帯主と全く同じ管理が可能で、家を出て別居した際も今までに登録された内容はそのままに別世帯の世帯主となって管理する事が可能です。

紹介者の管理

個人として登録された方は誰でも紹介者として管理する事が可能で、紹介者の個人IDと紹介された方の個人IDを紐づけして管理する事が可能で、誰が何人の方を紹介したのかが一目で判ります。また紹介された状況も管理可能で、「町内会長として」や「会社の社長として」と言ったメモが残せます。

ランク分けして管理

支援者との関係はどのような物なのか、個人をランク付けして管理する事が可能でこのランクで範囲を絞っての検索や印刷が可能です。ランクは1から9まで割り当て可能で各ランクの呼称も変更可能です。また個人ランクを「9」にする事で支援者を物故者として管理でき、この状態の方に郵送物を発送しない機能も実装されています。

物故者の管理

上記個人ランクを「9」にすると、物故者の管理画面が画面上に表示されます。死亡日や喪主の情報、葬儀の内容等がが管理可能となっています。またランク「9」の個人を表示した際は必ずこちらの画面が表示されるので一目で亡くなった方だとわかります。

物故者の管理画面

物故者の管理画面

企業管理

企業管理

企業と従業員情報(役職含む)の管理

団体管理

団体管理

あらゆる団体の支援状況も管理

郵送物発送先者名を指定可能

企業でも団体でも、郵送物の処理担当者が代表者と違う場合がよくあります。選挙くんでは郵送物の発送先者名が別途指定可能で、企業や団体に登録されている個人であればチェックボックスの切り替えだけで受取人を指定する事が可能です。

企業の管理画面

企業の管理画面

役員レベルと役職で管理

誰が企業や団体のトップなのか、肩書だけでは判断し辛い場合がよくあります。選挙くんでは代表者や役員・一般社員などの「役員レベル」と「役職」を分けて管理可能なので誰が代表者なのか一目で判ります。

団体の管理画面

団体の管理画面

ランク付けして管理

各企業や団体の支援状態をわかりやすくランク付けして管理可能で各ランクの呼称も管理画面で管理可能です。またこのランクを9にする事で廃業や存在しない団体としての管理が可能となっています。

イベント管理

イベント管理

イベント情報と参加者の管理

場所や時間の管理

自身がいつどこでどのような時間帯でイベントを開催し、何人の方が参加してくれたのか、詳細に管理する事が可能です。また、参加者の検索も可能で年間にどれだけの支援者が動員できたのか、簡単に確認可能でイベントの参加者一覧の帳票印刷によりイベント後のお礼の電話も迅速に対応可能です。

イベントの管理画面

イベントの管理画面

参加条件で管理

誰がどのイベントにどのような状態で参加してくれたのか、全ての参加者を参加者として管理するのではなく「一般」「来賓」「ボランティア」等を指定して管理する事が可能で、各個人のページ上では誰がどのイベントにどのような状態で何をしてくれたのか、一覧で確認可能です。

製品ラインナップ

選挙くんFree
選挙くんStandard
選挙くんNetwork